初心者のためのリフォーム情報サイト

リフォームの基礎知識とは?

リフォームの基礎知識とは? リフォームを行う際は、ある程度の基礎知識が必要となります。
まず、リフォームを行うこととしたきっかけを明らかにすることが大切です。
そして、リフォームはスケルトンと呼ばれる建築物の躯体部分を施工するのではなく、インフィルと呼ばれる内装の部分を施工するという基本的な部分を念頭に置いておく必要があります。
ですから、構造上必要な柱や壁、床などを取り壊すような施工は不可能なのです。
その逆に、構造の補強なら施工することが可能となります。
あくまでインフィルの部分での施工となりますので、設備もリフォームの対象となります。
設備は既存配管との取り合いがありますので、しっかりと事前に施工方法を検討しておくことが大切です。
壁紙や床といった内装材をリフレッシュすることもできます。
統一感のあるインテリアとなるように、見本を見て材料を決定することが大切なのです。
このようにしてインフィルをリフレッシュさせるための施工は行われます。

リフォームの流れを情報でみてチェックする

リフォームの流れを情報でみてチェックする リフォームをするという場合には、ある程度流れを把握しておくといいでしょう。
ネット上でチェックするとわかりますが、基本的な流れとして、まずは家族で相談しどの場所をリフォームするかという点、費用的にどの程度出せるかなどいろいろと相談することから始めましょう。
次にリフォーム会社を決めることです。
その後、事前相談で家族で話し合って決めた内容を業者側に伝える、リフォームする建物に関して現地調査や現況調査の依頼をしてプラン、見積書の作成後契約をして、工事が開始されるという形になります。
注意点としては、最初の段階で家族内においてきちんと相談しておくということです。
この時点で意見がまとまっていないと、せっかく工事をしても不満が残る結果になりかねません。
全体の意見を一致させるなど納得のいくまで相談をしておくことも大切です。
そして業者側にきちんとその相談して決めた内容を伝えることも重要です。
イメージにずれがあるとトラブルとなる可能性もでてきます。
ネット上で業者に関してもいろいろと情報を集めて納得のいく業者に依頼しましょう。

新着情報

◎2018/11/30

サイト公開しました

「リフォーム 知識」
に関連するツイート
Twitter

自宅のリフォームを行おうと情報収集中( ˘ω˘ ) 知識と情報量はそれなりにあるので、あれもこれもとなってまとまらぬ…( ˘ω˘ )

建築豆知識 確認申請の要らないリフォーム工事であっても、現在の建築基準法に従わなければいけない。既存部分も含め、棟ごとに現行法に従わなければ違法行為。

Twitter建築パトロール@MeinArchitektur

返信 リツイート 13:01

それでーー そこ掃除するならハイター使わないととか言う。じゃあダンナやってよ。 たまにやってくれてはいるが、言うならやってよ。 うちリフォームの仕事をしているからハウスクリーニングもダンナはプロでありますが、知っている知識を私に言ってくるならやってくれほんと。

アメブロを更新しました。 『絶体に知って得するリフォーム知識のブログ・・>>高齢になっても使いやすいトイレ❶!』 #トイレ #リフォーム ameblo.jp/atom-shinmachi…

ついでに最近会社のリフォーム工事の対応をやらされるとは思わなかったよ。パートでセールス業を食いしばってやった知識がまさか役に立つとは思わなかったよ。

【保存版】キッチンリフォームで失敗しないために必要な知識と全手順 reform-guide.jp/topics/kitchen… #リフォーム

Twitterリフォームガイド公式アカウント@ReformGuide

返信 リツイート 昨日 18:06

建築豆知識 確認申請の要らないリフォーム工事であっても、現在の建築基準法に従わなければいけない。既存部分も含め、棟ごとに現行法に従わなければ違法行為。

かなーり複雑な推論と綱渡り的決断と多岐にわたる知識に基づく提案 リフォームは本当に難しい

返信先:@niwa_ko 築年数とかリフォームとかそういうとこまで教えてもらえるんですね…!マイホーム欲しいなと思ってるなら知識として早めに知っとくべきかもしんないですね~メリットデメリット今全然わかんないんで…( ´_ゝ`)

#不動産投資 する人は不動産が基本好きで自分で勉強したり、積極的に住宅、税金、リフォームとか知識が勝手に入るくらいで無いとあとあと精神的に損する。こんな面倒なのか、修繕、説明会、売却時、値下がり、不況とか関連する事に悩む事になるから。余計だと感じるなら関わらず精神衛生保つ方がいい